ページの先頭です
メニューの終端です。

転籍届

[2011年3月17日]

ID:106

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 本籍を変更することを「転籍」といいます。転籍するときは、届出(転籍届)をする必要があります。

転籍届の方法等について

新しい本籍

 日本の領土内であれば、いずれの場所に定めてもかまいません。
 地番号または街区符号により、転籍する人が任意に定めてください。

届出人

 戸籍の筆頭者とその配偶者の双方が届け出る必要があります。
 (夫婦の一方が死亡しているときは、その生存配偶者から届出ができます。夫婦双方が死亡しているときは、他の在籍者からの届出はできません)

届出をするところ

 本籍地、新しい本籍地、届出人の所在地(住所地)のいずれかの役所で届出ができます。

提出書類

 転籍届(届出用紙はお近くの市区町村の役所にあります)をするときは、戸籍謄本1通を添付しなければなりません。

お問い合わせ

京丹波町役場(本庁)〒622-0292 京都府船井郡京丹波町蒲生八ツ谷62番地6 電話 0771-82-0200(代表)
        瑞穂支所 〒622-0392 京都府船井郡京丹波町橋爪桧山49番地 電話 0771-86-0150(代表)
        和知支所 〒629-1192 京都府船井郡京丹波町本庄ウエ16番地 電話 0771-84-0200(代表)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。