ページの先頭です
メニューの終端です。

入札情報公開・電子入札

[2016年7月28日]

ID:152

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新着情報

施工パッケージ型積算方式の導入について

平成27年度の積算基準改定に伴い、平成27年10月以降に積算する土木工事等については、施工パッケージ型積算方式を導入します。

 

1.適用日  

平成27年10月1日以降に積算する土木工事等から導入します。

2.その他  

施工パッケージ型積算方式の詳細については、「国土交通省 国土技術政策総合研究所防災・メンテナンス基礎研究センター 建設システム課」のホームページをご覧ください。

 

京丹波町中間前金払制度の導入について

 京丹波町では、平成24年11月1日から中間前金払制度を導入しました。

 詳しくは

 京丹波町中間前金払制度の導入について

 

入札情報公開システム

入札情報公開システムには、下記入口から、お入りください。

入札情報公開システムへの入口

 発注見通し・入札公告・入札契約結果等が検索参照できます。

 発注図書類の電子データのダウンロードも可能です。

 *ご利用時間:平日の6:00から23:00まで

操作マニュアル

情報公開システムを利用されるにあたって、必要となるマニュアルについては、下記からご覧ください。

添付ファイル

電子入札システム

電子入札システムには、下記入り口から、お入りください。

  • 電子入札システムへの入り口
    ご利用時間:平日 8:30から20:00まで
    ※運用基準第3条の規定にかかわらず、利用者の利便向上を図るため、運用時間を拡大しました。
    ※ご利用中であっても、時間になると使えなくなりますので、時間に余裕を持って、ご利用ください。
    また、最後にサーバーと通信してから10分でタイムアウトになりますので、ご留意ください。

電子入札対象案件

京丹波町が発注する建設工事等の入札について、電子入札の対象となる案件は、次のとおりです。
なお、電子入札により実施する案件については、情報公開システムでご確認ください。

  • 建設工事            随意契約等を除き、電子入札を原則
  • 測量等業務委託 随意契約等を除き、電子入札を原則

電子入札関係規程

京丹波町が発注する建設工事等の入札について、電子入札システムを使用して行うにあたって、必要な事項を定めています。

操作マニュアル

電子入札システムを利用されるにあたって、必要となるマニュアル類については、下記からご覧ください。
なお、京丹波町の電子入札システムにおいて、現在採用している入札契約方式は、次の3種類です。

  • 一般競争入札(標準型)
  • 通常型指名競争入札
  • 随意契約

添付ファイル

添付ファイル

添付ファイル

添付ファイル

また、総合評価方式による入札の参加に当たっては、上記操作マニュアルのほか、下記「総合評価方式における留意条項」を必ず確認してください。

利用者登録

電子入札の参加に当たっては、先に利用者登録を行っていただく必要があります。
上記マニュアル(「受注者導入編概要」、「利用者登録-受注者用」)のほか、利用者登録に必要な情報を掲載していますので、ご確認ください。

電子入札に関するFAQ

電子入札に関するよくある質問とその回答を掲載しています。

電子入札システム ヘルプデスク

電子入札システムの操作等について、上記「電子入札に関するFAQ」をご覧になられても、わからないことなどがありましたら、下記ヘルプデスクにお尋ねください。
なお、下記ヘルプデスクは、電子入札システムASP事業者(株式会社日立システムズ)が運営する共用窓口となっています。

  • ヘルプデスク連絡先(TEL):0570-021-777
    ご利用時間:平日 9:00から12:00、13:00から17:30まで
    ※ヘルプデスク電話回線はNTTコミュニケーションズのナビダイヤルサービスを利用しており、ナビダイヤルサービスの制限により一部のIP電話からは接続できません。
    IP電話でない固定電話もしくは、携帯電話から電話していただくよう、お願いいたします。
    通話料金については、電話をかけていただいた際に、料金に関するアナウンスが流れますので、参考にしてください。
    (一般的には、固定電話からの通話の方が安くなります。)
    ※誠に勝手ながら、12:00から13:00までの時間帯は、昼休みとなっています。

また、電話以外に、電子メールでの問合せにも対応させていただいております。

  • ヘルプデスク連絡先(E-mail)

    アドレス:sys-e-cydeenasphelp.rx@ml.hitachi-systems.com

 

電子入札とは?

 電子入札とは、ITを活用して効率的な公共事業の執行を目指す取組(CALS/EC)の一環として、国や地方公共団体等において取り組まれているもので、従来の紙による入札手続を、「インターネットを通じて、入札通知書の確認や入札書の提出、落札決定の確認等の入札手続きを行う」ものです。
 電子入札の導入により、「手続きの透明性確保や競争性の向上」を図ることが可能となり、また、入札に関する情報を速やかに公開することが可能となります。
 さらに、入札手続きにかかる移動時間や移動コスト等の縮減が可能となり、「入札に参加する方の利便性向上」を図ることも可能となります。


 電子入札では、一般的に、次の3つのシステムが使われています。

(1)電子入札システム

 京丹波町では、入札に参加される方の利便性を確保するために、国土交通省や多くの自治体で採用されているシステム(電子入札コアシステム)を基本としつつ、短時間かつ安価に電子入札システムを導入するため、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)方式による電子入札システムを採用することとしました。
 システムを利用するためには、京丹波町の入札参加資格者名簿に登録された内容に基づくICカード(電子証明書)が必要です。このICカードは、経常JVを除き、国土交通省や京都府などで使用されているものと共用することができます。
 なお、京丹波町の電子入札システムでは、特定JVおよび経常JVは、JV代表者のICカードを使用していただきます。

(2)電子認証

 電子入札では、本人確認を行い、なりすましや盗聴、改ざんを防止するために、電子署名法等に基づいて認証局が発行するICカードを利用した、電子認証の仕組みが使われています。これにより、インターネットを通じても、安全に情報のやり取りを行うことも可能となります。

お問い合わせ窓口

京丹波町監理課
E-mail(電子入札専用):nyu-satsu@town.kyotamba.kyoto.jp

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


入札情報公開・電子入札への別ルート