ページの先頭です
メニューの終端です。

後期高齢者医療制度

[2016年1月1日]

ID:160

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

後期高齢者医療制度について

 詳しくは、京都府後期高齢者広域連合ホームページをご覧ください。

 平成28年1月からマイナンバー(個人番号)の利用が開始されたことに伴い、手続きをする際には、マイナンバーの記載が必要です。手続きの際には、以下の必要なものと併せて、申請者の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)とマイナンバーを確認できるもの(個人番号カード、通知カードなど)をお持ちください。

対象者

 京丹波町にお住まいの75歳以上の方または、65歳以上75歳未満で一定の障害があると広域連合の認定を受けた方

保険証

 対象者には、1人に1枚、後期高齢者医療被保険者証を交付します。(75歳を迎える方には、誕生日までにご自宅に郵送します。)
 この保険証には、所得に応じて、「1割」または「3割」の負担割合が記載されています。
 医療を受けるときは必ず提示してください。

医療を受けるとき

 医療機関の窓口に、後期高齢者医療被保険者証を提示してください。
 保険証に記載されている負担割合(「1割」または「3割」)に応じて、自己負担が必要となります。

入院されたとき

 入院されたときは、食費の一部を自己負担されることとなりますが、住民税非課税世帯の方は減額が受けられます。
 減額を受けるためには、「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、役場または各支所窓口で申請してください。

■申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 本人以外の方が申請される場合は委任状と申請者の本人確認書類
  • 過去1年間に90日以上入院されている方は、入院日数のわかる領収書

後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定申請書

医療費が高額になったとき

 1ヵ月の医療費が高額になったときは、申請されると、自己負担限度額を超えた分があとから高額医療費として払い戻されます。(申請は初回のみ必要)

■申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 預金通帳
  • 本人以外の方が申請される場合は委任状と申請者の本人確認書類

死亡されたとき

 被保険者が死亡されたときには、葬祭費として、葬儀を執り行った方(喪主)に対し、5万円を支給します。

■申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 預金通帳
  • 葬祭を行ったことが確認できる書類(領収書や会葬御礼のはがき)
  • 申請者の身分証明書

医療費を全額自己負担されたとき

 次のような場合で、医療費などをいったん全額自己負担されたときは、役場または各支所窓口に申請して認められると、自己負担分を除いた額が支給されます。

後期高齢者医療 療養費支給申請書

(1)やむを得ない理由で、保険証を使わないで医療を受けたとき

■申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 預金通帳
  • 本人以外の方が申請される場合は委任状と申請者の本人確認書類
  • 領収書
  • 診療報酬明細書

(2)海外でやむを得ない理由で診療を受けたとき

■申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 預金通帳
  • 本人以外の方が申請される場合は委任状と申請者の本人確認書類
  • 領収明細書
  • 診療内容明細書
  • 日本語翻訳文

(3)医師の指示によりギプス・コルセットなどの医療用具を購入されたとき

■申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 預金通帳
  • 本人以外の方が申請される場合は委任状と申請者の本人確認書類
  • 医師の意見書、装着証明書
  • 領収書

(4)骨折・脱臼などで、柔道整復師の施術を受けたとき

■申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 預金通帳
  • 本人以外の方が申請される場合は委任状と申請者の本人確認書類
  • 領収書
  • 施術内容明細書

(5)医師が必要と認めた、はり・灸・あんま・マッサージなどを受けたとき

■申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 預金通帳
  • 本人以外の方が申請される場合は委任状と申請者の本人確認書類
  • 領収書
  • 医師の同意書
  • 施術内容明細書

資格関係の届出

(このようなときは、役場または各支所窓口で届出が必要となります)

  1. 65歳以上75歳未満で一定の障害があり、後期高齢者医療制度に移行される方
  2. 京丹波町に転入されるとき
  3. 京丹波町から転出されるとき
  4. 氏名、町内での住所が変わったとき
  5. 生活保護を受けるようになったとき
  6. 死亡されたとき

交通事故などにあったら

 交通事故など第三者の行為によってケガをされた場合は、役場または各支所窓口に届出をしていただく必要があります。

後期高齢者医療制度の保険料について

  • 後期高齢者医療制度では、すべての被保険者の方に保険料を負担していただくことになります。保険料額は、所得割額(被保険者の所得に応じてかかる金額)と均等割額(被保険者全員に均一にかかる金額)の合計額となります。
  • 保険料は、年金天引きで納めていただく特別徴収と、納付書や口座振替で納めていただく普通徴収のどちらかの方法で納めていただくことになります。
  • 所得が低い方は、保険料が軽減される場合があります。

お問い合わせ

京丹波町役場 住民課(本館1階)

電話: 0771-82-3803

ファックス: 0771-82-0446

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。