ページの先頭です
メニューの終端です。

ようこそ町長室へ

[2017年11月20日]

ID:626

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ようこそ町長室へ

町長の写真

 人口減少や高齢化で元気を失いつつある京丹波町の未来を案じ、京丹波町を良くしたいという一心で立候補を決意し、先の町長選挙におきまして、皆さんの温かいご支持を賜り、京丹波町長として町政をおあずかりさせていただくこととなりました。

 私は、京丹波町(旧丹波町)で生まれ、育ち、地元の京都府立須知高等学校を卒業後、わずかな期間を除いて、ふるさと京丹波町に住み続けて59年となります。この間、日本国の発展とともに、本町の発展を身をもって感じてまいりました。これもひとえに、先人の皆さん、そして地域住民の皆さんをはじめとする多くの関係各位のご努力により実現されてきたことは言うまでもありません。

 一方で、今日、我が国は、少子高齢化社会の進行と、既に人口減少時代が到来して久しい状況の中、京丹波町においても例外ではなく、今後人口は減少を続けることが見込まれております。

 今こそ、農林業と食の町に加え、子育て支援の充実や地域で高齢者を支える仕組みづくりをはじめとする心が豊かになるまちづくりを推進し、加えて戦略的な農林業の振興を展開、農林産物のブランド力を一層高めることにより、人口減少、超高齢化社会を乗り越え、まちの活力やにぎわいの維持、創出を図り、住民の皆さんに安心して暮らしていただける『健康の里づくり』をひとつ、ひとつ着実に進めていくことが町政運営を任された私の大きな責務であると認識しております。

 京丹波町の大いなる発展に、誠心誠意努めてまいりますので、皆さんのご理解、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げ、就任のご挨拶とします。


    平成29年11月20日

                                         京丹波町長  太田  昇

                                    

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ようこそ町長室へ への別ルート