ページの先頭です
メニューの終端です。

地域力向上会議とは ―地域づくりのきっかけづくり

[2014年11月20日]

ID:1441

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域での話し合いから始めよう。

地域力向上会議とは、区や婦人会、消防団、子ども会、老人会など老若男女がつどい、地域の課題や魅力をワークショップ形式で話し合いを通じてこれからの地域づくりのあり方を見出していく取り組みです。右の表はあくまで一例であり、会議の回数や内容などは事前に地域の皆さんと打ち合わせをして決定します。会議には町の地域支援担当が出席しワークショップの進行や資料準備などのサポートを行います。また、地域力向上事業交付金を通じて、ワークショップの開催を財政面でも支援します。

●グループワークのここがいい!
大勢で、堅い雰囲気の会議。意見が出ない会議。言いっぱなしの会議。そんな会議から脱却するには、少人数で話し合う「グループワーク」が効果的。一人ひとりの言葉をカードに書いて大きな紙に張り出し、それをみんなで見ながら話し合うので、意見が共有されやすく、楽しい雰囲気の中で充実した話し合いができます。

地域力向上事業3つのサポート

ワークショップの開催を地域支援担当がサポートします。

グループワークの進行 ―楽しく充実した話し合いができる雰囲気をつくります。

地域支援担当がグループワークを進行しますので、皆さんは気軽に話し合い、ワークショップを楽しんでください。

資料準備・企画書制作 ―資料準備や企画書制作などトータルサポート

資料の準備やワークショップの様子を伝える広報紙の制作、企画書の制作など、ワークショップ開催をトータルにサポートします。

地域力向上事業交付金 ―ワークショップの開催費用として活用

上限 50,000円

既存の住民自治組織(地域振興会)や住民自治組織の組織化を目的とした団体が対象。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


地域力向上会議とは ―地域づくりのきっかけづくりへの別ルート