ページの先頭です
メニューの終端です。

介護保険負担限度額認定申請(居住費・食費の軽減制度)

[2021年11月1日]

ID:1589

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

介護保険負担限度額認定申請について

 介護保険施設〔老人福祉施設・老人保健施設・療養型医療施設・介護医療院〕やショートステイを利用する方の食費・居住費(滞在費)については、ご本人による負担が原則ですが、所得の低い方については、これらの負担を軽減する制度があります。この制度を利用するためには、町に、負担限度額認定申請を行い「介護保険負担限度額認定証」の交付を受けることが必要です。 令和3年8月から負担限度額の利用者負担段階や食費が一部変更となっています。   

対象者

対象者
利用者負担段階対象者
所得要件資産要件 ※1
第1段階・老齢福祉年金受給者で町民税非課税世帯の方
・生活保護受給者の方
単身:1,000万円以下(夫婦:2,000万円以下)
第2段階町民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入額と非課税年金収入額の合計が80万円以下の方単身: 650万円以下(夫婦:1,650万円以下)
第3段階(1)町民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入額と非課税年金収入額の合計が80万円超120万円以下の方単身: 550万円以下(夫婦:1,550万円以下)
第3段階(2)町民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入額と非課税年金収入額の合計が120万円を超える方単身: 500万円以下(夫婦:1,500万円以下)

※1 第2号被保険者は、単身:1,000万円以下(夫婦:2,000万円以下)のままで変更はありません。

ただし、町民税非課税世帯でも、別世帯にいる配偶者(事実婚含む)が市町村民税課税者である場合は、対象とはなりません。

負担限度額

負担限度額(1日あたり)
利用者負担段階居住費(滞在費)食費 ※2
ユニット型個室

ユニット型

個室的多床室

従来型個室多床室
特養等老健・療養型特養等老健・療養型
第1段階820円490円320円490円0円0円300円(300円)
第2段階820円490円420円490円370円370円390円(600円)
第3段階(1)1,310円1,310円820円1,310円370円370円650円(1,000円)
第3段階(2)1,360円(1,300円)
基準費用額2,006円1,668円1,171円1,668円855円377円1,445円

※2 ショートステイを利用した場合は( )内の金額となります。

申請に必要なもの

・介護保険負担限度額認定申請書

・同意書

・印鑑(配偶者がいる方は、配偶者の印鑑)

・預貯金通帳等の写し(本人・配偶者分)

 (1)銀行名・支店・口座番号・名義のわかる部分

 (2)申請日の2ヶ月前からの期間で最終の残高がわかる部分

 ※預貯金等とは下記のことです。

 ア・預貯金(普通・定期)

 イ・有価証券(株式・国債・地方債・社債)

 ウ・投資信託

 エ・現金

 オ・負債(借入金・住宅ローンなど)

・配偶者の非課税証明書(配偶者の住所が京丹波町外の場合のみ)

※マイナンバー(個人番号)を記載した書類の手続きには、なりすましや、虚偽または不正な届け出を防止するため、本人確認(個人番号の確認、身元確認)が必要になります。

申請書ダウンロード

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

京丹波町役場 福祉支援課(1階)

電話: 0771-82-1800

ファックス: 0771-82-0446

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム