ページの先頭です
メニューの終端です。

エボラ出血熱について

[2014年11月6日]

ID:2735

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

エボラ出血熱について

〇エボラ出血熱は、インフルエンザのように容易に飛まつ感染する可能性は非常に低く、患者の体液に直接接触することにより感染するとされています。このため、皆さんには、冷静な対応をお願いします。

〇もし、流行国(ギニア、リベリア、シエラレオネ)に渡航し、帰国後、1か月程度の間に、発熱した場合には、万一の場合を疑い、地域の医療機関を受診することは控えていただき、直ちに最寄の保健所に連絡をし、その指示に従っていただきますようお願いします。

〇京都府南丹保健所 電話 0771-62-4751

 ※時間外、休日の緊急連絡については、宿直対応によりコールバックします。

〇皆さんのご協力をお願いします。

エボラ出血熱について)厚労省ホームページ

(エボラ出血熱について)京都府ホームページ

お問い合わせ

京丹波町役場 保健福祉課(瑞穂保健福祉センター)

電話: 0771-86-1800

ファックス: 0771-86-1233

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


エボラ出血熱についてへの別ルート