ページの先頭です
メニューの終端です。

京丹波町不妊治療等給付事業について

[2017年4月1日]

ID:2776

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

京丹波町不妊治療等給付事業

助成対象者

  ・京丹波町に住所を有し、かつ京都府内に1年以上居住地を有する夫婦

   (事実上婚姻関係にある男女を含むが、人工授精に係る助成は婚姻関係のある夫婦)

  ・各種医療保険加入者

助成対象治療

 1   一般不妊治療

  ・医療保険適応治療

  ・人工授精

 2 不育治療(不育症の原因検査、ヘパリン療法等の保険適用のある治療)

助成金額

 1 一般不妊治療

  ・保険適用の治療のみ:自己負担の半額(1年度6万円を限度)

  ・人工受精のみ:自己負担の半額(1年度10万円を限度)

  ・保険適用治療と人工授精の併用:自己負担の半額(1年度10万円を限度)

 2   不育治療

  ・ヘパリン療法等:自己負担の半額(1回の妊娠につき10万円を限度)

    *限度内であれば助成回数に制限はありません。

助成金の申請方法

  ・診療日から起算して1年以内に申請してください

申請に必要な書類 

 1   不妊治療等(一般不妊治療・不育症助成金申請書)助成金交付申請書

 2   各種医療機関証明書(病院で記入してもらう)

  ・医療機関によって文書料金が必要になります。

  ・薬局で投薬を受けられている場合は薬局からの証明書が別途必要です。

 3 不妊治療等助成金請求書

  ・申請書類は、保健福祉課・丹波地域保健福祉室・和知地域保健福祉室に設置 

申請場所

 保健福祉課・丹波地域保健福祉室・和知地域保健福祉室

  *郵送による受付も行っています。 

申請書ダウンロード

お問い合わせ

京丹波町役場 保健福祉課(瑞穂保健福祉センター)

電話: 0771-86-1800

ファックス: 0771-86-1233

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。