ページの先頭です
メニューの終端です。

地域おこし協力隊紹介

[2017年4月3日]

ID:4468

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域おこし協力隊紹介

隊員紹介
平成28年度

勝田 雅洋

(かつた まさひろ)

農林振興課
(株式会社グリーンランドみずほ)
平成28年度

渡辺 晋平

(わたなべ しんぺい)

農林振興課
(役場本庁)
平成29年度

岩井 悠人

(いわい ゆうと)

和知支所

平成30年度

川端 將浩

(かわばた まさひろ)

農林振興課
(京丹波森林組合)
平成30年度

河田 朋子

(かわた ともこ)

農林振興課
(役場本庁)
平成30年度

渡邉 宏樹

(わたなべ ひろき)

教育委員会社会教育課

勝田雅洋(所属:株式会社グリーンランドみずほ)

勝田隊員写真

仕事内容:農業振興に関する各種事業(生産・加工・販売)

趣味:史跡めぐり、スポーツ観戦、酒場探訪
コメント:みなさまはじめまして。2016年から地域おこし協力隊として着任しました、勝田雅洋と申します。2016年3月まで、某外資系生命保険会社に勤務しておりました。島根県松江市で18歳まで過ごし、その後大阪(11年)→広島(6年)→大阪(3年)→名古屋(2年)と各地で暮らしました。私が感じている京丹波町のブランドは、全国に誇る食材の宝庫であるということです。その力を発揮し、この町の皆さんのお役に立てるよう、住民の皆さんと協力して活気ある町づくりのお手伝いができればと考えております。農業生産に限らず、なんでもお気軽にお声かけください。至らない点もあるかと思いますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

渡辺晋平(所属:農林振興課)

渡辺隊員写真


仕事内容:有害鳥獣対策
趣味:柔術
コメント:東京で生まれて、川崎で育ち、その地域の治安と世界的災害時、世界的飢饉時の都市部での生活を危惧していました。東日本大震災をきっかけに、独立して食料を自給できる猟師になるため、京丹波町へ移住。毎日山に入り、森林の精神安定効果と山からの恵みを受け、山を楽しみながら生活しています。まったく違った環境に育った自分が、京丹波町集落地域に溶け込む事を楽しみながら起こした行動が、結果的に山、森林、人、獣、集落地域の生活を総体的に良い形に結ぶ部分に自分がなれればと思います。

岩井悠人(所属:和知支所)

岩井悠人

仕事内容: 木育イベントにおける指導等 、山林資源振興、地域熱供給施設の管理、その他地域振興

趣味: 寄り道ドライブ、買い食い、樹木観察、卓球
コメント: 地域の裏山を活用した環境教育や樹木解説、散策道開拓などに関心があります。 山林整備と、そこから得られる山の恵みを一体とした体験活動が行えないか模索しております。 地域の陽の目をみない樹を活用した収穫・加工ができれば、地域それぞれの体験活動を通した森との触れ合い、山への理解が進むと考えています。京丹波町に来てからまだ1年経っていませんので、まだまだたくさんの町内の自然・景観を見ていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

川端將浩(所属:京丹波森林組合)

川端將浩
仕事内容: 森林組合に関わる業務全般
趣味: 読書、旅行

コメント: 2018年4月に着任しました、川端將浩と申します。 以前は販売の仕事をしたり、海外に滞在していたこともあったんですが、外から見たとき、日本は生活インフラや観光資源、そして自然が充実しているとても魅力的な国だということを改めて感じました。 今は京丹波森林組合への出向という形で、林業に携わっています。まだまだ毎日学ぶことばかりではありますが、京丹波町の森林、ひいては日本の自然を綺麗にして、次の世代へと繋げていく助けが少しでもできるよう活動にあたりたいと思います。よろしくお願い致します。

河田朋子(所属:農林振興課)

河田隊員写真
仕事内容: 空き家バンク担当 都市と農村交流活性化および移住定住にむけた町づくり
趣味:読書・映画・音楽(洋楽POP R&Bジャズ・クラシック・オペラまで)料理・仲間とアウトドア、家ごはん・スキー・ヨガ・無農薬野菜作り などなど
コメント:都会から海外からくる人が京丹波町を散歩して、滞在して、自然と森に癒され来てよかったと思える町作りや観光だけでなく農業に関わる海外交流にも貢献したいですね。大阪神戸へ1時間という最高の立地条件で自然を満喫、京丹波町はスローライフや自然のある暮らしといった多様化するライフスタイル、ワークライフバランスを求める人、半都会半田舎を求める人にぴったりの町です。

渡邉 宏樹(所属:教育委員会社会教育課)

渡邉隊員写真
仕事内容: ホッケー競技の普及と和地地区の景観を生かしたスポーツ観光の推進を担当します。私も20年近く携わってきた男子ホッケーが2年後の東京オリンピックに出場します。男子に関しては48年ぶりの出場になるので、ホッケーの町である京丹波町も一緒に盛り上げていきたいです。
また、和知地区の景観を活かしたスポーツ競技のノルディックウォーキング、サイクリング、カヌーの普及、発展させる事にも積極的に取り組んでいきます。 スポーツ環境は整っているのに競技人口が少ないというのが今の現状だと思います。保育園、幼稚園のお子さんから中学生を対象に競技の楽しさを伝えられる場をこれまで以上に増やして行きたいと思います。 
趣味:子どもと遊ぶ事。とにかく釣りが好きで主にバス釣りをやっています。
コメント:私は熊本県阿蘇郡小国町というところで生まれ育ちました。小国町もここ京丹波町と同じく自然豊かでホッケーも盛んな町です。兄が中学校からホッケー部に入部し、ちょっと頑張れば全国大会に行けるという安易な考えで私も入部しました。初めての公式戦で大差で敗北したのがすごく悔しくて号泣したのを今でもおぼえています。負けず嫌いな性格なのでそこから練習に没頭し、高校3年のインターハイでは準優勝することができました。それから大学に進学し社会人になって名古屋フラーテルホッケーチームというクラブチームに所属し国内大会は何度も優勝を経験させてもらいました。その経験をいかして選手と近い立場でホッケーの指導をして行きたいと思います。京丹波町から未来のオリンピアを見つけ輩出することが私の一番の目標です。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


地域おこし協力隊紹介への別ルート