ページの先頭です
メニューの終端です。

日常生活用具の給付を受けるには

[2019年4月18日]

ID:4518

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

障害児(者)日常生活用具給付事業について

日常生活がより円滑に送れるよう、必要に応じて日常生活用具を給付します。

対象者

町内に居住する身体障害者(児)、知的障害者(児)、ならびに難病患者等が対象となります。用具により対象者が異なります。

また、介護保険の制度により用具の貸与または購入費の支給を受けることができる場合は、介護保険が優先となります。

対象用具

介護・訓練支援用具

特殊寝台、特殊マット、特殊尿器、入浴担架、体位変換器、移動用リフト、訓練いす、訓練用ベッド

自立生活支援用具

入浴補助用具、便器、T字杖、棒状の杖、移動・移乗支援用具、頭部保護帽、特殊便器、火災警報器、自動消化器、電磁調理器、歩行時間延長信号機用小型送信機、聴覚障害者用屋内信号装置

在宅療養等支援用具

透析液加温器、ネブライザー(吸入器)、電気式たん吸引器、動脈血中酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)、酸素ボンベ運搬車、盲人用体温計(音声式)、盲人用体重計

情報・意思疎通支援用具

携帯用会話補助装置、情報・通信支援用具(コンピューターの入力等が可能となる周辺機器)、点字ディスプレイ、点字器、点字タイプライター、視覚障害者用ポータブルレコーダー、視覚障害者用活字文書読み上げ装置、視覚障害者用拡大読書器、盲人用時計、聴覚障害者用通信装置(FAX等)、聴覚障害者用情報受信装置(字幕および手話通訳の映像をテレビに出力するもの)、人工喉頭、点字図書

排泄管理支援用具

ストーマ装具(消化器系・尿路系)、紙おむつ等、収尿器

住宅改修

移動を円滑にするための小規模な住宅改修(手すりの取り付け、段差の解消、滑り防止等のための床または通路の材料の変更、引き戸への扉の取替え、洋式便器への取替え等)

耐用年数

品目ごとに耐用年数が定められており、耐用年数内は原則として再給付することができません。詳しくは、保健福祉課へお問い合わせください。

本人負担額

品目ごとに公費負担限度額が定められています。限度額内であれば個人負担はありません。

申請に必要なもの

日常生活用具

・日常生活用具給付申請書

・日常生活用具給付診断書(難病患者等)

※用具によっては診断書が不要な場合があります。

・日常生活用具給付意見書

※用具によっては意見書が不要な場合があります。

・希望される用具の見積書

住宅改修

【住宅改修】

・住宅改修費給付申請書

・工事前の写真

・工事図面

・見積書

お問い合わせ先

京丹波町保健福祉課(瑞穂保健福祉センター内) 電話0771-86-1800

丹波地域保健福祉係(健康管理センター内)電話0771-82-1800

和知地域保健福祉係(和知支所内)電話0771-84-0049

お問い合わせ

京丹波町役場 保健福祉課(瑞穂保健福祉センター)

電話: 0771-86-1800

ファックス: 0771-86-1233

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


日常生活用具の給付を受けるにはへの別ルート