ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度

[2017年4月10日]

ID:4579

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

フォトニュース

平成27年度

イラスト

 イベントをはじめ、各種団体の行事、お祭り、講演会など京丹波のまちのニュースを「フォトニュース」としてお届けします。

2月13日 設立10周年を祝う「京丹波町シルバー人材センター」

フォトニュース

京丹波町シルバー人材センターの設立10周年を祝う記念式典が町中央公民館で開催。設立から活動を続ける会員の表彰などが行われました。



(←多くの会員が参加した記念式典)

2月11日 「北陸新幹線小浜ルート建設促進総決起大会」を開催

フォトニュース

北陸新幹線の敦賀以西の小浜ルート実現を目指す建設促進総決起大会がガレリアかめおかで開催されました。約1,000人の参加者が、早期実現に向けて大会決議を採択しました。



(←小浜ルート実現に向け「ガンバロー」を三唱する参加者)

1月5日 須知高校生2人が海外での健闘を誓う

フォトニュース

U-18日本代表選手として、オーストラリアで開催される大会に参加する須知高校の的場斐那さんと平田有真さんが、京丹波町役場を訪問。寺尾町長に対して参加への決意を述べました。



(←決意を述べる(右から)平田さんと的場さん)

1月4日 輝かしい新春を祝う「京丹波町新春互礼会」

フォトニュース

町内各団体の代表など約120人が集い、町中央公民館で新春互礼会を開催しました。出席者らは、新しい年の幕開けを祝い万歳を三唱しました。




(←出席者に対してあいさつを述べる寺尾町長)

11月5日 審議を重ね京丹波町総合計画審議会が答申

フォトニュース

京丹波町総合計画審議会の中西和之会長が、寺尾豊爾町長に対して京丹波町創生戦略について答申しました。


(←答申書を手渡す中西会長)

11月3日 秋の丹波路を駆ける「2015京都丹波ロードレース大会」

フォトニュース

2015京都丹波ロードレース大会が、丹波自然運動公園を発着点として開催。全国から参加したランナーが、色づき始めた京丹波を駆け抜けました。



(←紅葉を背に走るランナー)

10月27日 戦没者1,077柱を悼む「戦没者追悼式」

フォトニュース

京丹波町出身の戦没者1,077柱の遺族約230人が参列し、京丹波町戦没者追悼式を、和知ふれあいセンターで開催しました。



(←追悼の碑に献花する参列者)

10月25日 食の郷がにぎわう「京丹波 食の祭典2015」

フォトニュース

丹波自然運動公園と須知高校を会場として「京丹波 食の祭典2015」を開催。京丹波の食が一堂に会するイベントには、延べ14,600人が訪れました。



←(多くの人が並ぶ屋台グランプリ会場)

10月18日 地域美化に取り組む「ボランティア・ロード丹波」

フォトニュース

国道9号の京丹波町役場前から京都縦貫自動車道丹波インター入り口までの区間でボランティア・ロード丹波を開催。国道沿いの植樹帯の草引きやゴミ拾いを行いました。



(←植樹帯の草を引く参加者)

10月17日 住民ら集いにぎわう「わちふれあい祭り」

フォトニュース

道の駅「和」でわちふれあい祭りが開催。地域で採れたクリなどを使った秋の味覚や手づくり品などが販売され、多くの人でにぎわいました。



(←多くの人でにぎわう会場)

10月11日 京丹波町合併10周年を祝う式典開催

フォトニュース

平成17年10月11日の京丹波町発足から10周年を祝う記念式典を和知ふれあいセンターで開催。功労・功績者、善行者の表彰のほか、合併した年に生まれた町内の小学校4年生による合唱などが行われました。



(←式典で行われた小学4年生による合唱)

10月10日 味夢の里に二宮金次郎像を建立

フォトニュース

本庄出身の片山山治さんからこのほど、二宮金次郎像が寄贈され、建立された道の駅「京丹波 味夢の里」で除幕式を行いました。



(寺尾町長と片山さんにより除幕された二宮金次郎像)

10月4日 秋晴れのもと稲刈り「あっぱれたんぼ稲刈りイベント」

フォトニュース

古代米など、種類の違うイネを使ってカエルを描く田んぼアート「あっぱれたんぼ稲刈りイベント」が、丹波自然運動公園近くの水田で開催。参加者は、黄金色に輝くイネの刈り取りを体験しました。



(←古代米のイネを刈り取る参加者)

10月3日 丹波の秋の味覚をPR「京都丹波くりまつり」

フォトニュース

道の駅丹波マーケスの丹のまち広場において、「京都丹波くりまつり」が開催。くりごはんや焼きぐり、くりもちの販売が行われたほか、くりのイガ投げやくりつかみなどが行われました。



(←くりもちのできあがりを見守る来場者)

8月11日 ボランティア・ロード丹波が受賞

フォトニュース

長年にわたり多くの町民などが参加してきた「ボランティア・ロード丹波」が道路功労者表彰(公益社団法人日本道路協会)を受賞。代表を務める寺尾豊爾町長に表彰状が伝達されました。



(←表彰状を受け取る寺尾町長)

8月3日 本町を中心に開催「高校総体ホッケー競技」

フォトニュース

全国高等学校総合体育大会(高校総体)のホッケー競技が、グリーンランドみずほホッケー場をメーン会場に開催。地元須知高校女子ホッケー部が、ベスト8進出を果たしました。




(←熱戦を繰り広げる選手たち)

7月26日 防災に携わる機関が集い開催「消防防災フェスティバル」

フォトニュース

安心・安全の生活にかかわる消防、警察、自衛隊などの機関が一堂に会し、グリーンランドみずほで「消防防災フェスティバル」を開催しました。
会場では、はしご車による放水訓練、消火器を使った初期消火訓練のほか、自衛隊による炊き出し訓練の実演、模擬店販売、ステージ発表などが行われました。


(←消防署員とともに、消火器による初期消火を体験する子ども)

7月12日 道の駅「京丹波 味夢の里」の完成を喜ぶ

フォトニュース

町内4つめの道の駅「京丹波 味夢の里」の完成式が行われました。
式典とともに開催した「京都丹波 食の祭典」などを含めたプレオープンイベント全体では延べ約16,000人が来場し、おおいににぎわいました。



(←完成を祝いテープカットする寺尾町長ら)

6月20日 緑一面のグラウンドを目指し植え付け

フォトニュース

地域住民、ボランティア、行政の協働による「旧和知第二小学校グラウンド芝生化プロジェクト」として、約200人の参加者が芝の苗を植え付けました。



(←グラウンドに芝の苗を植える参加者)

6月18日 「町長と語るつどい」がスタート

フォトニュース

町内22会場で開催する町長と語るつどいがスタート。初日の山村開発センターみずほでは、町道の安全対策などに関する意見・提案などが出されました。




(←町政について話す寺尾町長)

6月16日 作業を通して共に学ぶ「パートナースクール事業」

フォトニュース

瑞穂中、須知高、京都大学の生徒・学生らが環境をテーマに共に学びあう「パートナースクール事業」が、須知高校で行われました。
 瑞穂中の生徒らは、高校生や大学生などの指導を受けながら、竹林の再生を目指して伐採作業を体験しました。



(←高校生とともに竹を切る生徒)

6月14日 須知高校女子ホッケー部インターハイ出場を決める

フォトニュース

全国高等学校総合体育大会ホッケー競技の京都府予選決勝がグリーンランドみずほ人工芝ホッケー場で開催。地元須知高校女子ホッケー部が、京都すばる高校ホッケー部を3-0で下し、インターハイ出場を決めました。



(←ゴールを目指し競り合う選手ら)

5月5日 森の遊び・学び・恵みを体験「森のぶるぶ」

フォトニュース

「ウィードの森」として整備を進める須知高校学校林において"あそぶ""みる""たべる""まなぶ"をテーマとした体験活動「森のぶるぶ」を開催しました。
参加した親子らは、ウィードの森ガイドツアーのほか、ヒノキの間伐見学やのこ引き体験、石窯ピザづくりなどを行いました。


(←ウィードの森の説明を聞く参加者)

5月5日 青空のもと子どもたちの祭典「ちびっこまつり」

フォトニュース

丹波自然運動公園内のこどもの広場でちびっこまつりが開催されました。町内外から多くの親子が訪れ、自然あふれる公園でゴールデンウィークの一日を楽しんでいました。


(←府立工業高校生が制作した乗り物を楽しむ子どもたち)

4月11日 力を合わせて植え付け「スポーツ少年団双葉町支援活動」

フォトニュース

町スポーツ少年団の団員らが、友好町福島県双葉町を支援する活動として、今年で5回目となるジャガイモの植え付けを行いました。




(←ジャガイモの種イモを植える団員)

4月1日 まちづくりへ新たな力が加わる「地域おこし協力隊」

フォトニュース

町では、初の地域おこし協力隊員として2人を採用。第1号となる小松遼太さんに対し、寺尾豊爾町長から辞令が交付されました。
2人目は、4月中旬以降に着任を予定しています。



(←寺尾町長から辞令を受け取る小松さん)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。