ページの先頭です
メニューの終端です。

平成26年度

[2017年4月10日]

ID:4580

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

フォトニュース

平成26年度

イラスト

 イベントをはじめ、各種団体の行事、お祭り、講演会など京丹波のまちのニュースを「フォトニュース」としてお届けします。

3月5日 瑞穂小の生徒らがシイタケの菌打ちを体験

フォトニュース

瑞穂小学校の4年生が食育授業の一環としてシイタケの菌打ちを体験しました。
児童らは、桧山財産区管理会の役員の指導を受け、クヌギやコナラの原木に種菌を打ち込んでいきました。




(←種菌を打ち込んでいく児童)

3月4日 適塩(てきえん)による食生活改善を「健康講座」

フォトニュース

町中央公民館で健康講座を開催しました。京都府立大学の東あかね教授が、住民健診で実施した食生活・塩分調査の結果などをもとにした高血圧症や慢性腎臓病の予防について講演しました。



(←調査結果について話す東教授)

1月11日 208人が大人の仲間入り「成人式」

フォトニュース

本年度新たに成人となる208人を祝う成人式を和知ふれあいセンターで開催しました。
参加した新成人は、父母などが見守る中、大人の第一歩を踏み出しました。


(←あでやかな振袖を身にまとい、式に参加する新成人)

1月11日 安心・安全のまちへ決意新たに「消防出初式」

フォトニュース

京丹波町消防出初式がグリーンランドみずほかがやき広場で開催。参加した団員らは、強固な団結による地域防災への決意を新たにしていました。



(←出初式に臨む消防団員)

12月22日 須知高校生が門松を設置

フォトニュース

須知高校食品科学科生徒が、京丹波町役場など5カ所に自ら制作した門松を設置しました。




(←役場玄関前に門松を設置する須知高校生)

12月21日 新春に向け縄なう「しめ縄作り体験会」

フォトニュース

ふるさと体験資料館運営委員会と町教育委員会主催のしめ縄作り体験会が、桧山公民館で開催。約90人の参加者が、自宅などに飾るしめ縄作りに挑戦しました。



(←しめ縄を作る参加者)

11月9日 災害などをテーマに開催「福祉まつり」

フォトニュース

ボランティア団体の交流と活動の啓発などを目的とする福祉まつりが竹野小学校および竹野地区基幹集落センターなどで開催。今回のテーマである「災害」のコーナーでは、災害時に役立つ新聞紙を使ったスリッパ作りコーナーなどが行われました。



(←新聞紙でスリッパを作る来場者)

11月9日 日ごろの文化的活動を披露「京丹波町文化祭」

フォトニュース

町内の文化的活動を行うサークルなどが日ごろの活動を披露する京丹波町文化祭のステージの部が、和知ふれあいセンターで開催されました。
また、展示の部は、11月8日から10日まで、町中央公民館で開催されました。




(←踊りを披露する参加者)

11月3日 秋の丹波路を駆け抜ける「2014京都丹波ロードレース」

フォトニュース

2014京都丹波ロードレースが、丹波自然運動公園を発着点として開催。日本全国から参加したランナーが、色づき始めた京丹波を走りました。



(←スタートの合図で走り出すハーフマラソンのランナー)

10月24日 本町への寄付に対し感謝状を贈呈

フォトニュース

本町の豊かで美しい環境を守るまちづくりへと多額の寄付をいただきました株式会社京都環境保全公社に対し、感謝状を贈呈しました。




(寺尾町長から感謝状を受ける株式会社京都環境保全公社の檀野恭介社長)

10月11日 災害ボランティアセンターの運営支援について学ぶ

フォトニュース

大規模災害時などに設置する京丹波町災害ボランティアセンターの運営支援にあたるボランティアを養成する講座が、和知ふれあいセンターで開催されました。
参加者は、京都府社会福祉協議会の渡邊一真さんの講演とワークショップを通して、センター運営に地域住民の力が必要であることなどを学びました



(←災害時に自分たちができることを出し合う参加者)

10月11日 29年の歳月を経て丹波広域基幹林道が開通

フォトニュース

京丹波町下山と京都市左京区花脊大布施町を結ぶ丹波広域基幹林道が、昭和60年の着工から29年の歳月を経て完成。関係者らが集まり開通式典が行われました。




(←広域基幹林道でテープカットを行う山田啓二京都府知事や寺尾豊爾町長ら)

10月5日 親子連れらが刈り取る「あっぱれたんぼ稲刈りイベント」

フォトニュース

丹波自然運動公園近くのたんぼに植えつけられた6種類のイネで描かれた「あっぱれたんぼ」。多くの親子連れらが参加し、稲刈りイベントが開催されました。



(←種類ごとに分けながら刈り取っていく参加者)

10月4日 くり三昧のイベントににぎわう「京都丹波くりまつり」

フォトニュース

特産の丹波くりをふんだんに使ったPRイベント「京都丹波くりまつり」が丹波マーケスで開催されました。
焼きぐり、くり餅、くりご飯などが販売されたほか、くりのつかみ取りやくりのイガ投げなどが行われました。



(←くりのつかみどりにチャレンジする来場者)

9月3日 特殊詐欺被害撲滅に向けキャンペーン開催

フォトニュース

高齢者などを標的とした振り込め詐欺や架空取引による詐欺などの撲滅を目指し、京都府主催の特殊詐欺等被害撲滅キャンペーンが行われました。




(←詐欺の手口を寸劇で紹介する警察署員)

8月28日 災害ボランティアセンター設置に関する協定を締結

フォトニュース

災害ボランティアの受付・派遣調整などを行う「災害ボランティアセンター」設置にかかる協定を町社会福祉協議会と締結しました。



(←協定書に調印する寺尾町長と町社会福祉協議会の波瀨孝澄会長)

8月4日 須知高校男子ホッケー部がインターハイで健闘

フォトニュース

須知高校男子ホッケー部が、予選を勝ち抜いて山梨県甲府市などで行われたインターハイホッケー競技に出場。持てる力を出し切り、ベスト8進出を果たしました。




(←熱戦を繰り広げる選手たち)

7月29日 下川小の児童が来町し、和知小児童と交流

フォトニュース

本町と友好交流協定を締結する北海道下川町の小学6年生6人が京丹波町を訪れ、和知小6年生と長老ヶ岳登山や質志鐘乳洞見学などで交流を深めました。





(←長老ヶ岳山頂で昼食を取りながら交流する小学生)

7月24日 府消防操法大会での健闘を誓う「壮行会」を開催

フォトニュース

8月3日に丹波自然運動公園で開催される京都府消防操法大会を前に、出場する操法要員の壮行会を三ノ宮農村公園グラウンドで開催しました。
要員らは寺尾町長に対し決意表明を述べたあと、これまでの訓練成果を披露しました。


(←操法を披露する操法要員)

7月21日 パドルを操り由良川を進む「B&Gカヌー体験教室」

フォトニュース

京丹波町和知B&G海洋センター艇庫周辺の由良川でカヌー体験教室が開催。参加者らは、スポーツ推進委員の指導を受け、カヌー楽しみました。



(←由良川へと漕ぎ出す参加者)

7月16日 日頃お世話になっている病院で清掃活動

フォトニュース

桧山地区の老人クラブ「桧山寿会」が京丹波町病院周辺の清掃活動を実施。参加した約100人の会員が、日頃お世話になっている病院周辺の植栽の草引きなどを行いました。




(←草引きをする参加者)

7月12日 子どもたちが友好町への思い込めジャガイモを掘る

フォトニュース

町スポーツ少年団の団員らが、双葉町支援を目的に栽培したジャガイモを掘りました。このジャガイモは、8月に団員らの手によって双葉町の皆さんに届けられる予定です。





(←ジャガイモを掘り出す団員)

6月29日 食を通した人の交流「おいしい食の応援隊」

フォトニュース

都市農村交流による農業・農村の活性化や絆づくりを進めることを目的とするおいしい食の応援隊のボランティア活動が京丹波ほたるの里で開催。
地域住民とボランティアが、黒大豆の土寄せ作業と昼食を通して交流を深めました。



(←土寄せ作業に汗を流す参加者)

6月24日 まちづくりについて語り合う「町長と語るつどい」

フォトニュース

町内22カ所を会場に開催する町長と語るつどいがスタート。初日の下山集会所では、6月12日のひょう被害に関する要望をはじめ、地域の諸課題について語りあわれました。



(←質問に答える寺尾町長)

6月1日 訓練成果を発揮し操法を披露「京丹波町消防操法大会」

フォトニュース

消防操法技術を競い合う京丹波町消防操法大会がわちグラウンドで開催。出場した消防団員らは、最優秀賞を目指して、訓練により培われた操法技術を披露しました。


(←息の合った動きで吸管を伸ばす消防団員)

5月31日 須知高校男子ホッケー部がインターハイ出場を決める

フォトニュース

8月に行われるインターハイ(南関東総体)への切符をかけた京都府予選が立命館大学柊野ホッケー場で開催され、須知高校男子ホッケー部は立命館高校を下して出場を決めました。


(←熱戦を繰り広げる選手たち)

5月24日 友好町へ心をこめた支援活動「双葉町支援活動」

フォトニュース

本町の友好町、福島県双葉町を支援する活動が町内で実施中。三ノ宮地域農場づくり協議会のメンバーなどが、双葉町の皆さんへ送るジャガイモの不要な芽を摘む「芽かき」と「土寄せ」を行いました。





(←1株ずつ芽かきをする参加者)

5月23日 和やかな雰囲気で楽しむ「町テニス教室」

フォトニュース

未経験者や初心者などを対象に、全5回開催する町テニス教室の第1回が丹波自然運動公園体育館で開催。参加者は、和気あいあいとした雰囲気の中、テニスの指導を受けていました。




(←指導を受ける受講者)

5月20日 生涯学習講座「いきいき大学・ひまわり学園」が開講

フォトニュース

高齢者生涯学習講座「いきいき大学」と障害者生涯学習講座「ひまわり学園」の開講式および第1講座が町中央公民館で開催。第1講座「歌声講座」では、アコーディオン奏者米村博実さんが受講者とともに楽しく童謡や唱歌などを歌いました。



(←米村さんのアコーディオンに合わせて笑顔で歌う受講者)

5月17日 収穫に向け作業「スポーツ少年団双葉町支援活動」

フォトニュース

町スポーツ少年団が双葉町支援活動として取り組むジャガイモ栽培。団員らが、須知高校農場で不要な芽を摘み取る「芽かき」作業と、「土寄せ」作業を行いました。




(←芽かき作業を行う団員)

5月5日 「丹波ちびっこまつり」に多くの子どもたちが集まる

フォトニュース

子どもの日の5月5日、丹波自然運動公園で「丹波ちびっこまつり」が開催。レクリエーション協会によるしゃぼん玉やフリスビー、こいのぼり作りを行うお楽しみコーナーのほか、金魚のつかみどり、乗り物コーナーなどが行われ、たくさんの子どもたちが連休の1日を楽しんでいました。




(←こいのぼりを作る子どもたち)

4月29日 ホッケーを通して交流深める「ホッケーフェスティバル」

フォトニュース

 グリーンランドみずほでホッケー競技の競技力向上と参加者の交流を目的に「ホッケーフェスティバル」が開催。町内外の62チームが参加しました。




(←白熱した試合を展開する選手たち)

4月17日 町内4箇所目の道の駅として登録証が交付

フォトニュース

京都縦貫自動車道の(仮称)丹波パーキングエリアに併設して建設予定の地域振興拠点施設「京丹波 味夢の里」がこのほど、町内で4箇所目の道の駅に登録。役場町長室で登録証の伝達式が行われました。




(←登録証の伝達を受けた寺尾豊爾町長と国土交通省福知山河川国道事務所の野中砂男所長)

4月12日 友好町支援へ「スポーツ少年団ジャガイモ植え付け」

フォトニュース

須知高校農場において、町スポーツ少年団の双葉町支援活動「ジャガイモの植え付け」が行われました。
団員らは、社会教育委員や須知高校食品科学科生徒の指導を受けながら、種いもを植えました。

4月9日 町内小・中学校などで入学・入園式が開催

フォトニュース

町内の小・中学校、保育所・幼稚園で入学および入園式が開催。新入生が新たな校舎などでの集団生活をスタートさせました。




(←入学式で宣誓する新入生)

4月1日 まちを守る思い新たに「町消防団入退団及び役員任命式」

フォトニュース

町消防団の入退団および役員任命式が蒲生野中学校体育館で開催。寺尾町長から梅原団長に任命書が交付後、団長から幹部団員および36人の新入団員などに任命書が交付されました。






(←寺尾町長から任命書を交付される梅原団長)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。