ページの先頭です
メニューの終端です。

京丹波町介護予防・日常生活支援総合事業について

[2017年7月1日]

ID:4678

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

京丹波町介護予防・日常生活支援総合事業について

 介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」)は、65歳以上のすべての方を対象とした介護予防事業です。介護保険の認定を受けていなくても、一人ひとりの状態に合わせた介護予防や生活支援のサービスを利用することができます。

 心身機能の低下など日常生活でお困りのことがありましたら、町保健福祉課へご相談ください。

1 総合事業の利用対象者

(1)介護予防・生活支援サービス事業(第1号事業)の利用対象者

  ○基本チェックリスト(※)該当者

  ○介護保険の要支援1または2の認定を受けている方

      (※)「基本チェックリスト」とは、国が定める、運動機能や栄養状態

         などを確認するための質問票です。町の保健師などが、25項目

         にわたる身体状況などについて聞き取りを行います。

(2)一般介護予防事業の利用対象者

  ○65歳以上の方

2 京丹波町総合事業のサービス内容

 京丹波町が実施する総合事業の主なサービス内容は次のとおりです。

京丹波町総合事業のサービス内容
事業区分事業名サービス区分事業内容サービス費利用者負担額
介護予防・生活支援サービス事業(第1号事業)訪問型サービス事業現行相当サービス訪問介護員による身体介護、生活援助の実施国が示す予防給付の単価所得に応じて国が示す単価の1割または2割
訪問型サービスA自立した日常生活を営むための家事援助の実施国が示す予防給付の単価を下回る額で、委託事業にあっては委託契約書に基づく額町長が定める額
通所型サービス事業現行相当サービス生活機能向上のための機能訓練や安全な入浴の実施国が示す予防給付の単価所得に応じて国が示す単価の1割または2割
通所型サービスA自立した日常生活を営むための機能訓練の実施国が示す予防給付の単価を下回る額で、委託事業にあっては委託契約書に基づく額町長が定める額
通所型サービスC生活機能を改善するための機能訓練を短期集中で実施
介護予防ケアマネジメント事業事業利用者が自立した日常生活を営むためのケアマネジメントを作成現行相当サービス利用の計画のみ、国が示す予防給付の単価利用者負担なし
一般介護予防事業介護予防普及啓発事業自立した日常生活を営むための介護予防に関する知識、習慣普及啓発のための介護予防教室等の開催(冬場の健康相談など) サービス提供主体が設定した額
地域介護予防活動支援事業自立した日常生活を営むための介護予防、生活支援、趣味活動等に資する住民グループ活動の支援(筋トレ教室、ふれあいサロンなど)

3 京丹波町総合事業の主なサービス一覧

 京丹波町が実施している主な訪問型サービス・通所型サービスについては、次のサービス一覧表をご覧ください。

京丹波町介護予防・日常生活支援総合事業サービス一覧【第1号事業(訪問型・通所型)】

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

4 総合事業を利用するには

 総合事業の利用にかかる手続きの流れ及び申請様式等は次のとおりです。

総合事業の利用の流れ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※マイナンバー(個人番号)を記載した書類の手続きには、なりすましや、

 虚偽または不正な届出を防止するため、本人確認(個人番号の確認、

 身元確認)が必要になります。

お問い合わせ

京丹波町役場 保健福祉課(瑞穂保健福祉センター)

電話: 0771-86-1800

ファックス: 0771-86-1233

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。