ページの先頭です
メニューの終端です。

高額介護(予防)サービス費の自己負担上限額が変わります。【平成29年8月から】

[2017年8月4日]

ID:4773

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高額介護(予防)サービス費について

〇高額介護(予防)サービス費は、1ヶ月の介護サービス利用時の利用者負担額が、自己負担上限額を超えた場合、

 その超えた部分について払い戻される制度です。


〇高額介護(予防)サービス費における利用者負担額については、下記のものは対象外となります。(主なもの)

 1. 居宅介護(介護予防)住宅改修費

 2. 居宅介護(介護予防)福祉用具購入費

 3. 施設サービス(ショートステイを含む)利用時の食事代、居住費

 4. 理美容代、おむつ代その他日常生活費 

自己負担上限額の見直しについて


〇平成29年8月から高額介護(予防)サービス費の自己負担上限額が下記のとおり変更となります。

 詳しくはリーフレットをご覧ください。

高額介護(予防)サービス費の負担上限額の基準
対象となる方平成 29 年 7 月までの負担の上限
(月額)
平成 29 年 8 月からの負担の上限
(月額)
現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方

※現役現役並み所得者
同じ世帯に65 歳以上で課税所得145 万円以上の方がおり、同じ世帯の65 歳以上の方の収入の合計が520 万円以上(単身の場合は383 万円以上)である場合に該当する。

44,400 円

(世帯)

44,400 円(世帯※1)
世帯のどなたかが市区町村民税を課税されている方

37,200 円

(世帯)

                      44,400 円(世帯)<見直し>

同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯には年間上限額( 446,400円)を設定(※3)

世帯の全員が市区町村民税を課税されていない方(※2)

24,600 円

(世帯)

24,600 円(世帯)
(※2)のうち、前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が年間80万円以下の方等

24,600 円

(世帯)
15,000 円

(個人)

24,600 円(世帯)
15,000 円(個人※1)
生活保護を受給している方等

15,000 円

(個人)

15,000 円(個人)

     (※1)「世帯」とは、住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用した方全員の負担の合計の

         上限額を指し、 「個人」とは、介護サービスを利用したご本人の負担の上限額を指します。



〇世帯のどなたかが市区町村民税を課税されている方の1ヶ月の自己負担上限額が37,200 円から44,400 円に

 引き上げられます。

 ただし、同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の

 世帯には 年間上限額 446,400円(37,200 円×12ヶ月)(※3)が新たに設けられ、年間通しての負担が

 増えないようにされています。

 (※3)年間上限額の適用は3年間の時限措置です。

                                                   

厚生労働省作成リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

京丹波町役場 保健福祉課(瑞穂保健福祉センター)

電話: 0771-86-1800

ファックス: 0771-86-1233

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


高額介護(予防)サービス費の自己負担上限額が変わります。【平成29年8月から】への別ルート