ページの先頭です
メニューの終端です。

京丹波町子育て世帯住宅リフォーム支援事業補助金交付制度のご案内

[2017年10月1日]

ID:4788

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子育て世帯住宅リフォーム支援事業補助金交付制度をご利用ください。

この事業は、京都府結婚・子育て応援住宅総合支援事業費補助金を活用し、京都府との協働で実施するものです。

【募集期間】平成29年10月2日(月)から平成29年12月15日(金)まで

1 補助の目的

 子育て世帯の経済的負担の軽減および住環境の向上、三世代同居・近居による世代間支援の促進を図るため、子育てのための住宅リフォーム工事を行う世帯に対して、平成29年10月から「京丹波町子育て世帯住宅リフォーム支援事業補助金交付要綱」に基づき、予算の範囲内において補助金を交付します。

2 補助対象者

 京丹波町に住所があり、次のすべてに該当する人が対象です。

 ※交付申請時に、京丹波町に住所のない人は、別途「転入に関する誓約書」の提出と、年度内に転入することが条件となります。

(1)子どもが3人以上おられる世帯(多子世帯)、または新たに三世代同居・近居になる世帯の世帯員であって、町内に建築された住宅の所有者(または所有者に準ずる人)。

(2)住宅リフォーム工事を町内の業者(町内に本社・本店があり、住宅リフォーム工事を業としている事業者)に依頼して行う人。

(3)町税等の滞納のない世帯に属している人。

 ※三世代同居・近居の場合は、その三世代の世帯員に滞納がないこと。

(4)子どもの親権者の年収の合算額が750万円未満の人。

<この制度中の用語説明>

・「子ども」:18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者、妊娠中の子も含む。

・「三世代同居」:子ども、親、祖父母等が住所変更(平成29年10月1日以降)を行い、三世代が新たに同一の住宅に居住すること。

・「三世代近居」:子ども、親、祖父母等が住所変更(平成29年10月1日以降)を行い、三世代が新たに直線距離2km以内の住宅にそれぞれ居住すること。

3 補助対象工事

 次のすべてに該当する住宅リフォーム工事が補助対象です。

 ※新築工事、他制度の補助等の対象となる工事は対象外です。

(1)対象者が自ら居住する住宅の工事で、子育てのため、三世代同居・近居のために必要と認められる工事。

 ※外構工事、雨漏修繕、設備機器の設置などは補助金の対象になりません。

(2)対象となる工事の費用が10万円以上の工事。

(3)交付申請をする年度の3月1日までに完了する工事。

一例)子ども部屋の間取りの変更工事、子ども部屋の内装改修工事、子どもが使いやすい便所への改修工事 など

4 補助金の交付額

 補助対象工事費の2分の1(1件あたり限度額100万円)*千円未満端数切捨

 なお、補助金は交付額を確定した後、申請者の指定する口座に振り込みます。

5 募集期間

平成29年度募集期間:平成29年10月2日(月)から平成29年12月15日(金)まで

※上記期間中においても、予算額に達した時点で募集を終了します。あらかじめご了承ください。

6 申請手続き(補助金の交付までの流れ)

 補助金の申請から支払いまでの手続きの流れは以下のとおりです。

 「1 交付申請」→「2 交付決定」→「3 工事着工」→「4 工事完了」→「5 実績報告」→「6 補助金額確定」→「7 請求」→「8 補助金交付」

 ※「3 工事着工」の後、事情により必要な場合は変更申請をしてください。

7 申請書類

お問い合わせ

京丹波町役場 子育て支援課(健康管理センター)

電話: 0771-82-1394

ファックス: 0771-82-2730

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

子育て支援課(健康管理センター)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


京丹波町子育て世帯住宅リフォーム支援事業補助金交付制度のご案内への別ルート