ページの先頭です
メニューの終端です。

介護保険要介護認定者の障害者控除とおむつ代の医療費控除

[2018年1月22日]

ID:4921

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 介護保険制度で要介護認定を受けている高齢者などが、所得税や住民税の申告の際に、障害者控除、医療費控除の対象になる場合があります。

障害者控除対象者認定書

 障害者手帳の交付を受けていない場合でも、介護保険の要介護認定を受けている65歳以上の方で、要介護認定に関する情報をもとに、身体障害者または知的障害者に準ずる者として認定された場合に「障害者控除対象者認定書」を交付します。


おむつ代に係る医療費控除確認書

 おむつ代の医療費控除を受けるには、医師が発行する「おむつ使用証明書」が必要になりますが、介護保険の要介護認定を受けていて、医療費控除を受けるのが2年目以降の方は、要介護認定申請時に提出いただいた主治医意見書に、「寝たきりの状態」かつ「尿失禁(の可能性)がある」の記載が確認できた場合に「おむつ代に係る医療費控除確認書」を交付します。


申請書

手続き

 保健福祉課または各地域保健福祉室で申請書を提出してください。認定または確認された方には、後日、認定書などを郵送で交付します。

お問い合わせ

京丹波町役場 保健福祉課(瑞穂保健福祉センター)

電話: 0771-86-1800

ファックス: 0771-86-1233

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。