ページの先頭です
メニューの終端です。

水道管の凍結に注意しましょう!

[2019年12月1日]

ID:4951

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


 冬の冷え込みの厳しいときは、水道管が凍結しやすくなります。水道管が凍結してしまうと、水が出なくなるばかりでなく、破裂する恐れもあります。水道管が凍結しないように注意しましょう。


1 凍結しやすいところ

 屋外で水道管が露出しているところ、家の北側の場所にあり陽の当たらないところ、風当たりの強いところには注意が必要です。


2 凍結させないために

 水道管が露出しないように、管の周りに保温材を巻き付け、その上からひもで縛って固定し、さらに保温材が水で濡れないようにビニールテープ等で下から隙間なく重ねて巻きます。

 保温材は市販されているものの他に、毛布・レジャーマット・発砲スチロールなど、ご家庭にあるもので代用できます。

 また、宅内の蛇口から少しづつ水を出しておくのも有効です。


3 水道管が凍結してしまった場合は

 蛇口が凍ったときは、上からタオルなどをかぶせて、ぬるま湯をゆっくりとかけてください。

 ただし、熱いお湯を直接、水道管にかけると管や蛇口が破裂する危険がありますので注意してください。


4 万が一、破裂してしまった場合は

 京丹波町指定給水装置工事事業者に修繕を申し込んでください。


お問い合わせ

京丹波町上下水道課(水道事業畑川浄水場)
電話: 0771-83-9105 ファックス: 0771-83-1222

組織内ジャンル

上下水道課(水道事業畑川浄水場)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


水道管の凍結に注意しましょう!への別ルート