ページの先頭です
メニューの終端です。

京丹波町新庁舎整備事業 設計ワークショップを開催しました

[2018年5月31日]

ID:4957

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 役場新庁舎の設計を進めるにあたり、町民の皆さんに望まれ、使いやすい新庁舎となるよう、町民の皆さまの声を広くお聴きし、町民の皆さまと一緒に考えていくためのワークショップを開催します。設計ワークショップは全6回の開催を予定しています。

 ワークショップのメンバーは、公募26名、オブザーバー3名、設計者および事務局です。

 オブザーバー紹介

  • 神吉 紀世子 教授 (京都大学大学院工学研究科建築学専攻)
  • 藤井 義久 教授 (京都大学大学院農学研究科森林科学専攻)
  • 田淵 敦士 准教授 (京都府立大学大学院生命環境科学研究科環境科学専攻)

第3回 京丹波町新庁舎整備事業 設計ワークショップ

 第3回設計ワークショップを平成30年5月9日(水)に京丹波町役場2階議場にて開催しました。

 当日は町民やオブザーバー、設計者、事務局、傍聴者、合わせて30名の方にご参加頂き、新庁舎の使い方に関するさまざまな議論を行いました。

 ワークショップでは、配置計画や内部構成、地場産材を活用した建築の可能性を説明した後、グループワークでは、「受付窓口のあり方」と「町民交流の場」について事例を紹介して、意見交換を行い、発表の場においてこれらを共有することができました。

  •  テーマ「外部デザインと内部空間のつくりかた」

 詳しくはかわら版をご覧ください。

第3回 設計ワークショップ(平成30年5月9日)

第2回 京丹波町新庁舎整備事業 設計ワークショップ

 第2回設計ワークショップを平成30年3月20日(火)に京丹波町役場2階議場にて開催しました。

 当日は町民やオブザーバー、設計者、事務局、傍聴者、合わせて31名の方にご参加頂き、新庁舎の使い方に関するさまざまな議論を行いました。

 ワークショップでは、基本計画内容を継承しつつもさらなるコスト縮減を実現するために見直された設計基本方針や地場産材活用の可能性、いくつかの検討案について説明した後、グループワークでは、多くの意見が出され、発表の場においてこれらを共有することができました。

  •  テーマ「新庁舎の使い方

 詳しくはかわら版をご覧ください。

第2回 設計ワークショップ(平成30年3月20日)

第1回 京丹波町新庁舎整備事業 設計ワークショップ

 平成30年2月17日土曜日の午後に、京丹波町中央公民館3階大会議室で、第1回目の設計ワークショップを開催しました。

 当日は、町からの事業説明に始まり、設計者のプロポーザル案の説明を聞き、その後、4班に分かれてグループワークを行い、いろいろな意見が出されました。

  • テーマ「新庁舎に何を望みますか?

 詳しくはかわら版をご覧ください。

第1回 設計ワークショップ(平成30年2月17日)

問い合わせ先

〒622-0292

京都府船井郡京丹波町蒲生八ツ谷62番地6

京丹波町役場 総務課 新庁舎建設室

電話:0771-82-3800 FAX:0771-82-2700

E-mail:somu20[あっとまーく]town.kyotamba.lg.jp

※メールを送信される場合は、[あっとまーく]の部分を@に直してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

京丹波町役場 総務課(本館1階)

電話: 0771-82-3800

ファックス: 0771-82-0446

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


京丹波町新庁舎整備事業 設計ワークショップを開催しましたへの別ルート