ページの先頭です
メニューの終端です。

京丹波町新庁舎整備事業にかかる設計の基本方針について

[2018年3月31日]

ID:5017

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 基本計画において、新庁舎建設計画は設計段階で最適化を図ることとしており、今回、基本設計に取り組む段階となったことから、出先機関の集約や、建物の規模、構造等について設計の基本方針を示し、コストの縮減を最重視した設計に取り組みます。

基本計画策定段階からの主な変更点

1.集約の範囲

 新庁舎に配置する部署は、現在の本庁に配置されている部署に、保健福祉課(健康推進担当を除く)、子育て支援課を加えた範囲とする。

2.規模

 集約範囲の見直しと各機能の最適化により延べ床面積を約1,000平方メートル縮減し、約4,800平方メートルと試算する。

3.事業費

 規模の最適化により、全体事業費を約470百万円縮減し、約2,950百万円と試算する。

内容

京丹波町新庁舎整備事業にかかる設計の基本方針

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

京丹波町役場 総務課(本館1階)

電話: 0771-82-3800

ファックス: 0771-82-0446

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


京丹波町新庁舎整備事業にかかる設計の基本方針についてへの別ルート