ページの先頭です
メニューの終端です。

東京2020応援プログラムの参加認証について

[2019年1月30日]

ID:5392

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東京2020応援プログラムについて

東京2020では、開催都市のみならず全国の自治体が参画し、機運醸成と大会後のレガシー創出に向け「東京2020参画プログラム」を設けています。その中で、広く全国の取り組みを応援プログラムとして登録、認証を行う制度があります。

具体的には、1スポーツ・健康、2まちづくり、3持続可能性、4文化、5教育、6経済・テクノロジー、7復興、8オールジャパン・世界への発信の8つの分野があり、大会組織委員会の認証を受けることで、応援プログラムのマークの使用とオリンピック、パラリンピック、東京2020大会等の文言使用が可能になります。

応援プログラムに参画するには、団体認証と、実施するアクション(事業)ごとに認証申請とマーク使用申請が必要となります。

つきましては、町内の各種団体で応援プログラムの認証を受ける場合には、次のとおり手続きが必要になります。内容をご確認いただき積極的にご参画をよろしくお願いいたします。

詳しくは、東京2020参画プログラム特設サイト(別ウインドウで開く)をご確認ください。応援プログラムにかかる詳細資料はこちらをご覧ください。(大会組織委員会サイト)(別ウインドウで開く)

応援プログラムマーク

主体登録申請(団体認証)、アクション申請、マーク申請の一連の流れ

NPO(法人の有無を問わず)など市民活動団体、認定NPO法人、一般財団法人、学校、競技団体、商工会、社会福祉法人、公益財団法人、社団等の場合

主体登録(団体認証)が必要です。直接、大会本部組織委員会に申請を行ってください。

主体登録が完了した後に、事業単位にアクション申請を行ってください。

アクション申請が完了した後に、マーク申請を行ってください。※チラシにマークを使用する場合は、マーク記載の案が入ったチラシデザインを申請することになります。

主体登録申請の詳しくはこちら(大会本部組織委員会特設サイト)(別ウインドウで開く)

行政区、自治会、地域振興会等、商店街の場合

行政区、自治会、地域振興会等、商店街にあっては、所在地の市町村経由での主体登録となりますので、主体登録代理申請フォームを京丹波町教育委員会までご提出ください。

主体登録が完了した後のアクション申請は、大会本部組織委員会に直接申請を行うこととなります。

事業ごとにアクション申請を行ってください。

アクション申請が完了した後に、マーク申請を行ってください。※チラシにマークを使用する場合は、マーク記載の案が入ったチラシデザインを申請することになります。

参考

京丹波町では、このほか、ホストタウン構想事業に基づきホストタウンアクション主体登録の認証を別途受けており、ホストタウン事業に係る取り組みにあっては、ホストタウン参画プログラムのマークの使用が可能ですので、オリンピアンや合宿誘致先の選手との交流事業等について参画プログラムの登録を行ってまいります。

ホストタウン事業とは、東京2020大会等に参加するために来日選手や、大会参加国、地域の関係者、日本人オリンピアンまたはパラリンピアンとの交流であって、スポーツの振興、教育文化の向上及び共生社会の実現を図ろうとする取り組みです。

お問い合わせ

京丹波町役場 教育委員会 社会教育課

電話: 0771-84-0028

ファックス: 0771-84-2100

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


東京2020応援プログラムの参加認証についてへの別ルート