ページの先頭です
メニューの終端です。

京丹波町米価下落対策農業者支援事業について

[2022年1月5日]

ID:7059

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

京丹波町米価下落対策農業者支援事業

コロナ禍で外食需要が落ち込み、また、今後も需要回復が見通せないため、全国的に米価が下落し、稲作農家の所得が大きく減少していることから、主食用水稲作付農業者に対し次期作への支援として、米価下落対策農業者支援給付金(以下「米価下落対策給付金」という。)を支給します。

対象者

次のいずれの項目にも該当していること。
  1. 主食用米の生産を行っている京丹波町に住所を有する個人および農業法人
  2. 令和3年産米水稲生産実施計画書兼営農計画書の届出をしている方
  3. 水稲生産実施計画書兼営農計画書の水稲作付面積(以下「作付面積」という。)が10アール以上であること。
  4. 町税等に滞納がない方

給付額

作付面積から自家消費相当分として一律10アール(1,000平方メートル)を控除した面積に10アール当たり4,000円(1平方メートルあたり4円)を乗じて得た額を給付金の額とします。(100円未満切り捨て)
【例】(作付面積5,555平方メートル―1,000平方メートル)×4円≒18,200円

≪注意≫
令和3年度京丹波町農林業者等支援給付金(以下、「農林事業者等給付金」という。)の支給を受ける場合は、この米価下落対策給付金は支給対象外とします。ただし、すでに農林業者等支援給付金の支給を受けている方で、その支給金額より米価下落対策給付金が上回る場合は、その差額分のみを米価下落対策給付金として支給します。
【例】1. 農林事業者等給付金 300,000円の場合
   2. 米価下落対策給付金
     (作付面積100,000平方メートル-1,000平方メートル)×4円=396,000円
   396,000円-300,000円=本給付金支給額96,000円     

申請期間および方法

令和4年1月5日(水)から令和4年3月15日(火)
上記期間内に「京丹波町米価下落対策農業者支援給付金申請書兼請求書」に必要事項をご記入のうえ京丹波町農林振興課または各支所までご提出ください。

お問い合わせ

京丹波町役場 農林振興課(2階)

電話: 0771-82-3808

ファックス: 0771-82-2700

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

農林振興課(2階)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


京丹波町米価下落対策農業者支援事業についてへの別ルート