○京丹波町町営バス運行事業条例

平成18年3月31日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は、京丹波町民の生活に必要な旅客輸送を確保し、もって公共の福祉の増進を図るため、町営バス運行事業(以下「町営バス」という。)について必要な事項を定める。

(路線及び運行区間)

第2条 町営バスの路線及び運行区間は、次の表のとおりとする。

路線名

運行区間

起点

主な経過地(停留所)

終点

丹波和知線

丹波マーケス

味夢の里、ひかり小学校前、京丹波町役場、須知高校前、豊田、富田、下山駅下、升谷橋、和知中学校前

和知駅

高原下山線

京丹波町役場

ひかり小学校前、味夢の里、丹波マーケス、上野大円寺前、蒲生、実勢公民館前、国道富田

下山駅

丹波桧山線

京丹波町役場

丹波マーケス、ひかり小学校前、味夢の里、元安井、曽根、上豊田住民センター前、京丹波町病院前

桧山

竹野線

京丹波町役場

ひかり小学校下、味夢の里、丹波マーケス、市森、水戸、鎌倉、中村、中畑

笹尾

小野鎌谷線

桧山

京丹波町病院前、道の駅さらびき、小野、井尻、東又公民館前、宮の前

鎌谷奥

質美線

桧山

京丹波町病院前、丹波和田、保井谷、妙楽寺、水呑、行仏、質美、下村

下山駅

猪鼻戸津川線

桧山

京丹波町病院前、丹波和田、保井谷、妙楽寺、丹波三ノ宮、質志、鍾乳洞口

戸津川公民館

桧山和知線

桧山

京丹波町病院前、豊田、富田、下山駅下、升谷橋、和知中学校前

和知駅

仏主線

和知駅

和知中学校前、升谷橋、市場公民館前、篠原、下粟野、西河内、細谷、上粟野

仏主

長瀬①線

和知駅

和知中学校前、升谷橋、市場公民館前、篠原、大迫、長瀬

大野ダム

長瀬②線

和知駅

和知中学校前、大倉文化センター前、中山、大迫、塩谷

長瀬

大簾①線

和知駅

和知中学校前、須川橋(道の駅 和)、安栖里、改善センター前、出野、大簾、立木駅

才原

大簾②線

和知駅

和知中学校前、須川橋(道の駅 和)

改善センター前

才原①線

和知駅

和知中学校前、須川橋(道の駅 和)、安栖里、広瀬

才原

才原②線

和知駅

坂原、上広瀬

才原

上乙見①線

和知駅

和知中学校前、中山、篠原、下乙見

上乙見

上乙見②線

和知駅

町道中学校前、長老苑前、中山、篠原、下乙見

上乙見

道の駅和線

和知駅

道の駅 和

(停留所)

第3条 町営バスの停留所は、別表第1のとおりとする。

(料金)

第4条 町営バスの片道普通旅客料金(以下「料金」という。)は、別表第2のとおりとする。

2 12歳未満(小学生以下)の料金は、前項に規定する額の半額とする。ただし、大人と同伴の6歳未満(就学前)の幼児等については、無料とする。

(料金の割引)

第5条 次の各号に該当する者の料金は、前条に規定する額の半額とする。この場合において、障害が重複する場合は、これを考慮しないものとする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)による身体障害者手帳の交付を受けている者

(2) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)による精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者

(3) 知的障害者福祉法(昭和35年法律第37号)による療育手帳の交付を受けている者

2 前項に規定する割引を受けようとする者は、前項各号に規定する手帳を提示しなければならない。

3 第1項に規定する者の介護を目的として同乗する者の料金については、第1項各号に規定する手帳にバス介護付の表示がある場合のみ、同項の料金割引を適用するものとする。

4 第1項各号に規定する手帳を有しない者であっても、同等の障害を有することが証明できる書類等を提示した場合は、同項の料金割引を適用するものとする。

5 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、高等専門学校及び児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条に規定する保育所に通学通園するもの並びに通勤者の定期旅客に係る割引は、別表第3のとおりとする。

6 回数旅客に係る割引は、別表第4のとおりとする。

7 前各項の他、町営バスの運行に関し、特に町長が必要と認める時は、前条に規定する料金を割引することができるものとする。この場合、割引対象者、割引率及びその他必要な事項は、その都度町長が定めるものとし、京丹波町公告式条例(平成17年京丹波町条例第3号)第2条第2項の例により、告示して行う。

(乗継料金)

第6条 町長は、次に掲げる停留所において旅客が異なる路線の町営バスに乗り継ごうとするときは、乗継乗車券又は乗継定期券を発行することができる。ただし、乗継乗車券は、当日に限り有効とする。

(1) 味夢の里

(2) 丹波マーケス

(3) 京丹波町役場

(4) 下山駅下

(5) 升谷橋

(6) 和知駅

(7) 下山駅

(8) 桧山

2 乗継乗車券を利用した場合における乗り継ぎ後の料金は、乗り継ぎ前の料金と乗り継ぎ後の料金の合計額が500円を超える場合に限り、500円から乗り継ぎ前の料金を差し引いた額とする。ただし、第4条第2項本文並びに第5条第1項各号及び第3項に規定する者が乗継乗車券を利用した場合における乗り継ぎ後の料金は、乗り継ぎ前の料金と乗り継ぎ後の料金の合計金額が250円を超える場合に限り、250円から乗り継ぎ前の料金を差し引いた額とする。

3 乗継定期券の料金は、乗り継ぎ前の料金による定期旅客料金と前項の規定により算出した乗り継ぎ後の料金による定期旅客料金の合計額とする。

(事業所の設置)

第7条 京丹波町バス事業所を京丹波町役場内に設置し、運行管理の責任者及びその代行者各1名を置く。

(委任)

第8条 この条例の施行について必要な事項は、別に規則で定める。

附 則

1 この条例は、平成18年5月1日から施行する。

2 町民バス運行事業に関する条例(平成14年丹波町条例第11号)、瑞穂町町営バス運行事業に関する条例(昭和61年瑞穂町条例第15号)及び和知町町営バス運行事業条例(平成元年和知町条例第42号)は、平成18年4月30日をもって廃止する。

附 則(平成18年条例第42号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年条例第3号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年条例第28号)

(施行期日)

1 この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年条例第27号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年条例第3号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年条例第23号)

この条例は、平成22年10月1日から施行する。

附 則(平成23年条例第6号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年条例第1号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年条例第3号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成27年規則第19号で平成27年7月13日から施行)

附 則(平成28年条例第5号)

この条例は、平成28年5月2日から施行する。

別表第1(第3条関係)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

別表第2(第4条関係)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

別表第3(第5条関係)

定期旅客料金

(単位;円)

種類

通勤

通学及び通園

運用期間

1か月

3か月

6か月

1か月

3か月

6か月

割引

旅客料金

30%引き

1か月定期料金3倍の5%引き

1か月定期料金6倍の10%引き

40%引き

1か月定期料金3倍の5%引き

1か月定期料金6倍の10%引き

100

3,500

9,970

18,900

3,000

8,550

16,200

200

7,000

19,950

37,800

6,000

17,100

32,400

300

10,500

29,920

56,700

9,000

25,650

48,600

400

14,000

39,900

75,600

12,000

34,200

64,800

備考;

1) 10円未満は切り捨て

2) 小学生以下は上記の半額(10円未満切り捨て)

別表第4(第5条関係)

回数旅客料金

種類

金額

普通

大人

11券片…乗降停留所間の大人片道普通旅客料金を10倍した額

小人(小学生以下)

11券片…乗降停留所間の小人片道普通旅客料金を10倍した額

京丹波町町営バス運行事業条例

平成18年3月31日 条例第1号

(平成28年5月2日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第8節 交通安全対策
沿革情報
平成18年3月31日 条例第1号
平成18年12月28日 条例第42号
平成20年3月25日 条例第3号
平成20年12月25日 条例第28号
平成21年7月31日 条例第27号
平成22年3月31日 条例第3号
平成22年9月29日 条例第23号
平成23年3月30日 条例第6号
平成24年3月30日 条例第1号
平成27年3月26日 条例第3号
平成28年3月25日 条例第5号