ページの先頭です
メニューの終端です。

新築住宅に対する減額措置

[2011年4月14日]

ID:136

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 新築住宅は、新たに固定資産税が課されることとなった年度から3年度分(3階建以上の中高層耐火建築物にあっては5年度分)の固定資産税に限り、その住宅部分にかかる固定資産税額(120平方メートルを超える住宅にあっては120平方メートルに相当する固定資産税額)の2分の1に相当する額を減額するものとされています。
 また、長期優良住宅については、2年度分延長して税額が減額されます。

 適用対象は、次の要件を満たす住宅です。

  1. 専用住宅や併用住宅であること(なお、併用住宅については、居住部分の割合が2分の1以上のものに限られます)
  2. 床面積50平方メートル(一戸建以外の賃家住宅にあっては40平方メートル)以上280平方メートル以下であること

その他の減額措置

 住宅耐震改修、バリアフリー改修、省エネ改修等に伴う工事を行った場合、一定要件を満たした家屋については、固定資産税が減額されることがあります。

お問い合わせ

京丹波町役場 税務課(本館1階)

電話: 0771-82-3802

ファックス: 0771-82-0446

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


新築住宅に対する減額措置への別ルート