転入届の特例

更新日:2022年04月01日

 個人番号カードまたは住民基本台帳カードの交付を受けている方は、転出証明書を必要としない、転入の届出の特例を受けることができます。そのため、転出の手続を郵送で行えば、転入先の市区町村に赴くだけで手続を済ませることもできます。

 また、転入の届出後90日以内に手続していただくと、今お持ちの個人番号カードまたは住民基本台帳カードが、有効期限まで転入先市区町村においても継続して使用することができます。

特例を受ける条件

  • 転出する世帯員のうち、どなたかが有効な個人番号カードまたは住民基本台帳カードの交付を受けていることが必要です。
  • 転出日を14日以上さかのぼる届出の場合はできません。
  • 転入してから14日以内で、転出予定年月日から30日以内に転入の届出が必要です。

手続きの方法

転出するとき

 転出する市区町村で、個人番号カードまたは住民基本台帳カードを所持していることを申し出て、転出の届出を行ってください。

 郵送により転出の届出をする場合は、転出届をご参照ください。

  • 個人番号カードまたは住民基本台帳カードを紛失しておられると、転入時に特例の扱いを受けられませんので、カードがあるかどうか必ず確認をしてください。
  • 国民年金などその他の届出は別途必要です。

転入するとき

 転入後14日以内に、新しく住む市区町村で個人番号カードまたは住民基本台帳カードを提示し、転入の届出を行ってください。

 その際には、カード交付時に設定したパスワードの入力が必要です

お問い合わせ

住民課 戸籍住民係 電話番号:0771-82-3803 ファックス番号:0771-82-0446

瑞穂支所 戸籍住民担当 電話番号:0771-86-0150 ファックス番号:0771-86-0859

和知支所 戸籍住民担当 電話番号:0771-84-0200 ファックス番号:0771-84-0789

この記事に関するお問い合わせ先

住民課
〒622-0292 京都府船井郡京丹波町蒲生蒲生野487番地1

電話番号:0771-82-3803
ファックス:0771-82-0446

メールフォームによるお問い合わせ